ノロウイルスを予防しよう|快適な日常生活を楽しむための対策

加熱処理がとても重要

マスクの女の人

食中毒などの原因となるウイルスにはいろいろな種類が存在していますが、最近ではノロウイルスによって食中毒を起こしてしまう方が増えてきています。多くの場合は食品にノロウイルスが付着してしまうことによって食中毒になってしまうことが多いため、食中毒に気をつけたい場合は食品を触る前に手をしっかり消毒しておくのが最適です。十分に手洗いなどをしておけば手についた細菌やウイルスを綺麗に洗い流すことができ、食中毒にかかってしまうこともありません。料理などを作る際はきちんと手を洗っておくように心掛け、食品にウイルスや細菌が付着しないように注意しましょう。しかし食品によっては最初から細菌やウイルスが付着していることもあります。

魚や生肉などの食品にはノロウイルスなどの細菌やウイルスが付着していることがあるため、食べる際は加熱処理を行なって殺菌を行なっておくのがベストです。しっかりと火を通しておけばほとんどの細菌やウイルスを死滅させることができるため、食中毒が発生する可能性を大幅に下げることができます。野菜などの食品もしっかり加熱調理しておけば、ノロウイルスなどによって食中毒が発生することはありません。食事を作る際はなるべく全ての食品をしっかり加熱処理しておくようにし、食品に付着している細菌やウイルスを完全に殺菌しておくようにしましょう。また食品を保存する時は細菌の活動などを停止させるために、冷凍庫などの場所でしっかりと保管しておく必要があります。